νジークその6 白速νジーク

0

    白速νジーク基本形

    3 クロム
    3 タネガシマ
    3 紀州犬
    3 オーシン
    3 ブリゲイドガンナー
    3 ワグナー
    2 ダイナ
    3 ロスヴァイセ
    3 ファーゾルト
    3 νジーク

    3 バルムンク
    1 ポカリ
    1 白魔神

    3 ランパートウォール
    3 エクスティンクションウォール

     

    みんな大好き、白速のνジーク版です。

    はっきり言って、別にジーク出さなくても勝てます。

    白速は純粋白速からグレイザーまで様々ありますが、速攻で殺しきれなかった時のフィニッシャーに苦心して

    アルティメットや霊銀魔神など工夫を凝らしてきたデッキタイプ。

    νジークというアホみたいなフィニッシャーを得て、弱いわけがないのが道理。

     

    バルムンクは強力で、バルムンクつけたダイナでバースト割って回復から、

    ブリゲイド煌臨させてアンブロッカブルにすることもできます。

     

    これは基本形なので、煌臨スピリットを選んだり、バースト選んだり、手札増強を入れたり、

    様々な改造ができる楽しいデッキです。

    ぜひ組み替えて楽しんで頂きたい。

     

    今日はここまで。

    参考になれば〜(^_^)/

     


    νジークその5 青緑νジーク

    0

      青緑νジーク

      1 アトライアハイドラ
      3 ビヤーキー
      3 ボルゾイ
      3 アビスシャーク
      3 ツインヘッドビークル
      3 マキシムス
      2 グリードッグ
      2 スコルスピアR
      3 ドーベルドッグ
      2 νジーク


      3 轟魔神
      2 テッポウナナフシ
      1 バルムンク
      1 白魔神

      2 スワロウテイル
      3 ストロングドロー

      2 シェパードール
      1 気弾
      1 烈刀

       

      予告通り、青緑ジークを。

      青緑も様々な形が組めますが、今回はオステアを張らないタイプ。

      νジークに寄せるならウバタマンやカニコングなど小型も併用してドローで一気に掘るタイプにもできますが、

      それだと青単色で組んだ方が早いので、異合のメリットを前面に押し出すタイプで。

      轟ダブルでアッサリゲームエンドもあります。

      異魔神とバルムンクは一緒に合体できないので気を付けてください。

       

      今日はここまで。

      参考になれば〜(^_^)/

       


      νジークその4 白紫νジーク

      0

        白紫のνジークは、多種多様に組めすぎるので、今回は叩き台になる、

        ごく基本的なものを紹介します。


        白紫νジーク

        3 ソードール
        3 さまよう甲冑
        3 ジャコウ
        2 ダイナ
        2 ヨロイファント
        3 アルベリヒ

        2 イテカゼ
        3 νジーク

        3 スカルガルダ
        3 ムラサメ
        3 バルムンク

        3 摩天楼
        2 島根

        2 ネビュラ
        2 シェパードール
        1 デスマサカー


        なんと単体で煌臨条件を満たせるのがイテカゼとバルムンクしかいません。

        ブレイヴ前提ですが、このタイプは普通にバルムンクを召喚してダイナやファントにつけて殴り、

        アドを取ってからνジーク煌臨につなげることができるのでまあ良しとします。

         

        不安なら、紫北斗や白北斗、ベトレイヤーデーモン、紫起源龍など挿しても面白いです。

         

        今日はここまで。

        参考になれば〜(^_^)/


        νジークその3 白青νジーク

        0

          白青νジーク

          3 ファフナー
          3 メノウドラゴン
          3 ブリザード
          3 白北斗
          3 グリズクラッシュ
          3 ニュージーク

          3 ショゴルス
          3 アビス
          3 バルムンク

          3 狩場

          2 オーバードライブ
          3 マントラ
          3 ストドロ
          2 シェパードール

           

           

          今度は白青νジーク、甲竜ベースです。

          メノウドラゴンの圧倒的な硬さにショゴルスつけて殴るのが元々ですが、

          ファフナーのアンブロッカブルをνジークに引き継いだりもできます。

          煌臨条件がブレイヴ前提になっているものが多いので、北斗多めです。

          テストプレイでは5割くらいνジーク出さずに勝ちました

          (# ゚Д゚)

           

          次回は白紫ジークですかね〜。

           

          今日はここまで。

          参考になれば〜(^_^)/

           


          νジークその2 白νジーク

          0

            さて、では次に白νジークを
             

            ところで基本的に

            武装を基調とした煌臨ビートは、白νジークが出る前にいくらか組んでありますが、

            煌臨を使い回したりする煌臨コントロールービートデッキであり、ブレイヴは使いません。

            煌臨サーチや煌臨じ効果で落ちるため、武装や煌臨以外を極力積まない構築になっています。

             

            一例をあげると

             

            武装煌臨type-B

             

            3 神機ミョルニールR

            3 RZ-7

            3 ブリゲイドガンナー

            2 ディルムダイナ

            3 ロスヴァイセ

            3 イグドラシルR

            3 ノブレスオブリージュ

            3 トールR

            3 ジークムント

            3 グレイス・オーダー

            2 ヴォーダン

            3 ドンナー

             

            3 三重

             

            3 防御札

             

            召喚時効果や煌臨時効果を使い回しながら、忍風のクワガゲーのごとく相手を踏みつぶす。

            という戦い方です。

             

            まずは、こういうデッキにνジークを挟み込むのか、それともνジークを主砲に据えて周りでサポートするのか、を決めねばなりません。

             

            白は基本的に手札が増えないので、コンボパーツを掘りに行くには向いておりませぬ。

            手札が増えるものと言えば二種類の探索者と、五角形などの便乗ドロー程度。

            それで相手の攻撃を凌ぎながらカウンターで決めるような構築になるので、

            まずは先攻1ターン目に動けるものを何にするかが重要。

             

            クロム(例外)

            紀州

            ミョルニールR

            オーシン

            生還者スヴェル

            サイウン

            RZ-7

            ポケ8

             

             

            三重

            重力炉

            五角形

            氷窟

             

            あたりが候補かと思いますが、手札が増えない白であまり軽いのを入れすぎると、

            ウイニーするのでなければ中盤以降邪魔になります。

            白は基本的に、少ない手札の代わりに1枚1枚のカードパワーで戦うデッキだからです。

             

            かといって少なすぎると、バーストなりで相手依存度が高くなり、受け身になってしまって安定しません。

            なので、せいぜい合わせて9枚〜12枚までには抑えたいところ。

             

            では今回は、νジークを主砲に据える方で。


            白νジーク

            3 サイウン
            3 ワグナー
            3 ディルムダイナ
            3 イグドラシルR
            3 トールR
            3 ロスヴァイセ
            3 ファーゾルト
            3 νジーク

            3 バルムンク
            2 白魔神
            1 ブレイヴピオーズ

            3 三重
            2 重力炉

            3 ランパートウォール
            3 エクスティンクションウォール

             

            この場合、ブレイヴが落ちるのでRZ-7を使い回すのはあまり得策ではありません。

            バルムンクの合体条件が5以上なので、最低5以上で構成したいところ。

             

            サイウンのところはオーシンでもなんでもいいのですが、トールやロスヴァイセを伏せているときに、

            アタックやらフェニキャの召喚時やらで一生懸命除去って来るのでバーストが開きやすいので採用。

             

            トールのアタック時回復にジーク載せてバルムンクから2点2点2点や、エクスティンクションを

            伏せてのピオーズで焼き払ったりなど、最速で突然死を狙うデッキではありません。

            とはいえ、ロスヴァイセを踏んでくれたりして、白魔神即死とかも十分あり得ます。

            ダブルブレイヴ即死は基本やらないので、先にダイナでバースト割って1点とか取っておくとスムーズです。

             

            ジークミラーになったとき、白はシンボルがなくなりにくく、アビスや凱旋門を気にしなくていいことが多いため、

            エクスティンクションウォールを伏せられるのが強みです。

             

             

            次回は白紫ジークか白青ジークを書こうと思います。

             

            今日はここまで。

            参考になれば〜(^_^)/


            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>
            カウンター
            ブログパーツUL5
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM